MENU

浮気疑惑・・・真実を知るために

浮気調査の結果、浮気が確定した場合にどういう方向にすべきかそれは2つのパターンがあると思います。

 

・やり直したい、元の家庭に戻したい
・別々の人生を歩みたい、離婚したい

 

このように人によって答えは違ってくると思いますが、場合によっては浮気そのものが無かったということもあります。

 

 

しかし、人というものは一度疑惑を持ってしまうと晴らしたいと思うものです。浮気疑惑を晴らすことが出来なければ我慢するか逃げるかしかありませんし、結果を明確にしなければその先の行動もはっきり出来ないのも事実です。

 

 

そのため、確定的でない安易な証拠で相手を問い詰めたりしてはいけません。メールのやり取りが怪しい、仕事の帰りが遅くなった、出会い系を使っていたなどのようなものでは確定的な証拠とはいえません。安易に問い詰めてしまうと警戒していなかった相手が、ガードを固めてしまい確定的な証拠を手にすることも出来なくなるからです。

 

 

真実を知るためには3つのことが必要になります。
1.相手の情報収集
2.行動パターンの詳細な分析
3.言い逃れの出来ない決定的証拠の確保

 

 

これら3つをあなたが手にすることが出来れば、浮気をしているかどうかを明確にすることが出来ますし、その後の身の振り方もすっきりと決めることが出来ます。
疑わしきは罰せずが基本となりますので、まずは安易な行動に出ないこれが最も重要なポイントです。スタートでつまずくと良い結果を得ることが難しくなります。

浮気の証拠を掴むために・・・情報収集の基本記事一覧

浮気調査でやるべき3つの詳細を見てみましょう。全てを自分でやる必要はありません。できるところまで自分...

浮気を追及しようと思ったとき感情的になってしまっては、解決するものもしなくなってしまいます。浮気が決...