MENU

先に証拠を揃えてから本人に問いただすのが鉄則

配偶者が浮気をしているのでは?と思ったら、あなたはどうしますか?まずは本当に浮気をしているのか、それともただの勘違いなのかを確かめなくてはいけません。

 

そのためには、本人に問いただすという方法があります。でも、ちょっと冷静になってください。もし浮気が本当だった場合、あなたはどうしますか?もし浮気が本当だったら...離婚も視野に入る...と思ったら、とりあえず本人に問いただす前に、証拠を集めておく必要があります。

 

もしあなたが浮気を疑っていると相手に感づかれてしまうと証拠を隠滅されてしまい、離婚に向けて話し合いがこじれてしまうかもしれません。また、話し合いで決着がつかなかった場合には裁判になりますが、証拠がなければ話し合いを有利に進めることもできないからです。決定的な証拠があれば、言い逃れすることはできませんし、今後のすべてを有利に進めることができます。客観的な証拠が見つかってから、相手に浮気を問いただしても遅くないでしょう。

 

最も確実で有力なのが写真です。配偶者と浮気相手が二人揃ってホテルや相手の自宅に入っていくところ、出てくるところの写真があれば、二人で過ごしたことが証明できるので決定的な証拠となります。この時、あまりに短い時間では証拠として薄弱です。ある程度の時間、二人きりであったことを証明しなくてはいけません。最近のデジカメは撮影時間が記録されていますから、2人が2時間一緒に過ごした、などの記録が取れればOKです。

 

問題は素人が写真を撮影するのは骨が折れるということです。探偵事務所に依頼をして撮影をしてもらうのが一般的ですね。

比較的簡単に手に入る証拠はレシートとメール

浮気相手と配偶者が一緒に密室で過ごす写真を撮影できれば証拠としてまたとない有力な証拠になるのですが、これは撮影がなかなか難しいです。探偵事務所に依頼をするにしても、お金も時間もかかります。

 

そこで真っ先に調べておきたいのがレシートです。配偶者がお風呂に入っている時、寝ている時などにカバンやお財布、ポケットの中にレシートが入っていないかどうかを確認しましょう。

 

ホテルやレストランのレシートがあれば証拠になりますし、ホテルに入る前にコンビニに寄ったなどコンビニのレシートが証拠になることもあります。レシートに印字されている店舗が自宅や会社とは全然違う場所のものだったり、ホテル街の近くだったりすると浮気との関係性大です。レシートの店舗名をGoogleマップで検索するとどこにあるか調べることができます。

 

遊園地、水族館などレジャー施設などのレシート、レストランのレシートも「休日出勤」「出張」と言ってでかけた日の物であれば、誰かと行ったと相手の証言の矛盾を指摘することができます。

 

同様にクレジットカードの利用明細も忘れずにチェックしてください。レストランでの利用記録など、証拠になるものが眠っているかもしれません。

 

また配偶者が浮気相手とやりとしたメールも文面や添付されている写真の内容次第で有力な証拠となります。

 

配偶者が使用している携帯電話やスマホ、パソコンの中に入っているので、自分のスマホなどを使ってメールのやりとりなどを撮影して証拠とします。

 

配偶者の携帯電話などから自分の携帯電話にデータを転送するという方法もありますが、相手にバレる可能性があるので、おすすめできません。

 

もっぱら連絡方法は電話という人の場合には通話履歴が証拠となります。

SNSやLINEをチェックしよう

スマホを使えば様々なSNSが手軽に利用できます。例えばFacebookやTwitter、Mixi、LINEなどなど、SNSを通して連絡を取り合っていたり、浮気の証拠が残されていることもあります。

 

特にLINEは浮気相手との1対1のやりとりになるので、過去のやり取りが残っていれば有力な証拠となるでしょう。必ずチェックしたいところです。

 

浮気相手に会いに行ったりデートをしたりするためにネットの乗り換え検索サービスを利用してることもあります。パソコンや携帯電話の検索した駅の履歴を調べてみましょう。自宅や仕事、普段のレジャーに無関係な場所を調べていれば浮気の証拠になるかもしれません。

 

出会い系サイトなどに登録していることもありますから、ブラウザの履歴なども一通り調べておくと良いでしょう。

 

また、携帯電話には予測変換機能があります。「あ」と入力したら「愛してる」「会いたい」などが出てきたり、「す」と入力したら「好き」という言葉が出てきたら頻繁に入力しているということになります。

 

手帳やスケジュール帳、日記帳を愛用している人の場合、デートの記録や、相手の連絡先などが書かれていることがあります。特に女性の場合は相手とどのホテルに行ったとか、特定の日に星印などが書かれていることがあるでしょう。それだけで証拠として使えるかどうかは微妙なところですが、他の証拠を補強する役割を果たすかもしれませんから、チェックしてみましょう。

証拠を見つけたら記録して保存しよう

浮気の証拠を見つけたら、必ず写真で記録して保存しておきましょう。携帯やスマホのカメラ機能で撮影しておきます。

 

配偶者のスマホやパソコンを勝手に盗み見るというのはプライバシーの侵害で倫理的に気持ちが咎めるという人も多いと思います。個人の信条、考え方はそれぞれですが、法的な話をすれば、家族のスマホやパソコンを見るのは、よほど極端なケースでなければ違法にはなりません
仮に違法だと判断されたとしても、証拠自体は民事裁判で有効になります。

 

ただし、覗き見るものがWebメールなどの場合、勝手にパスワードを使ってログインすると、不正アクセス禁止法に抵触するおそれがありますので注意しておきましょう。

 

証拠は視覚的なものに限りません。なかなかしっぽがつかめないというときには、音声証拠の録音にチャレンジしてみましょう。長時間録音できるICレコーダーを購入して、自動車に隠せば車内の会話が録音できます。

 

他にもGPS端末を仕込めば車がどこを走って、どこで長時間停車していたか、などを把握することができます。自動車盗難用に警備会社が販売しているGPSがありますので、こっそり設置すれば簡単に証拠を集めることができます。配偶者が車移動が多い人の場合に使える手段です。

 

ICレコーダーは色々なシーンで活躍します。浮気を相手に問いただす時にも録音しておけば、浮気を認める発言をしたときに証拠を確保できます。あとで浮気をしていないと否定しても、突っぱねることができますね。

 

証拠集めは自分で出来る分は自分でするのがベターです。探偵事務所に依頼をすると高くつくからです。しかし自分では証拠があつめられそうにないというときには依頼するのが良いでしょう。