旦那・妻の言動から浮気を見破る方法

MENU

浮気が決定的となった場合どうしたいのかを最初に決めておく

浮気をしているかもしれない!と思っても簡単には証拠を掴むことができないというのが浮気調査の実情です。また、確証が無い段階で問い詰めても開き直られるだけで、逆に警戒感を与えてしまうのがオチです。

 

 

今までは携帯にロックも掛かっていなかったのに掛かるようになったり、2つ目の携帯を隠して契約してみたりなどエスカレートしてしまい、そうなってしまってからでは全てが水の泡となります。

 

 

浮気を徹底的に暴きたいということであれば水面下で、浮気の確証を掴む必要があります。ただ、浮気の証拠を掴み真実を知るということは、相当なストレスであり精神的なダメージは計り知れません。

 

 

それでも浮気を暴きたいということであれば、最終的に関係をどのようにしたいのかを明確にしましょう。何を求めて浮気調査するのかを冷静に判断することが最初にすべきことです。

 

 

浮気というのはそれぞれ立場によって行動パターンがあります。これはある程度共通した動きをすることからチェック項目を調べることで浮気の可能性が高くなるというものです。ただ、可能性が高くなるだけで確定ではありませんので注意しましょう。

 

 

この項では夫、妻、恋人(彼・彼女)の3つのケースで浮気をしている人の行動パターンの特徴を紹介していきます。注意してもらいたいのはこれから自分がどうしたいのか、浮気を知ったあとに進むべき道が見えている人だけがチェックするようにしてください。浮気を知るということは、それだけ人生の上で重みがあることなのです。

【浮気を見破る方法】相手の言動のチェックポイントはココ記事一覧

夫に対する浮気のチェックポイントを見てみましょう。該当項目が多ければ多いほど、浮気の可能性が高まりま...

妻に対する浮気のチェックポイントを見てみましょう。該当項目が多ければ多いほど、浮気の可能性が高まりま...

恋人に対する浮気のチェックポイントを見てみましょう。該当項目が多ければ多いほど、浮気の可能性が高まり...