MENU

夫・妻のツイッターアカウントを調べる方法

twitterは今やブログよりも手軽に使えるツールとして急速に広がっています。手軽であるということは、逆にいうと浮気に使いやすいということにもなり浮気調査をするツールとして利用できます。

 

 

簡単につぶやくことができるtwitterは愛人との間でコミュニケーションを取るには最適かもしれません。リアルタイムに確認できますし、合言葉を決めておけばそれだけで相手には通じますから。

 

 

では、twitterでの調査方法を見て行きましょう。
まず、自分のアカウントを開設します。開設時に使うのはGoogleの提供しているGmailがいいでしょう。適当にGoogleのアカウントを作成してそれを使ってtwitterを開設します。開設時のIDは怪しまれないようなIDにしておきましょう。

 

 

開設できたら「おすすめユーザー」という名前で検索できる機能を使って夫・妻の名前を探してみましょう。
見つからない場合は、ローマ字にしてみたり相手のメールアドレスをアドレス帳に登録して「友達を探す」機能を使ってみてください。もし該当のアドレスでtwitterをしていればヒットします。ヒットしたらそのIDを控えておきましょう、これが調査対象のIDとなるからです。

 

 

次に、浮気相手の名前やメールアドレスなどが分かっている場合は同じ方法で試して見ましょう。
メールアドレスでヒットしない場合は、アドレスの@以降を適当なフリーメールのアカウントに変更して検索を繰り返してください。ヒットすればあとは「つぶやき」をチェックしたり、フォローの内容を確認して交際相手のIDが存在しないか確認しましょう。

 

次の記事≫≫浮気調査を探偵に安く依頼する方法

関連ページ

車の中は浮気の証拠がワンサカ
カーナビの記録も浮気の手がかりを得るヒントとなる
SNS浮気の代表格はミクシー(mixi)
mixiで浮気の証拠を掴むには?
マイミク相関図アプリで浮気相手を調査する方法
モバゲーで浮気している場合もあり
モバゲーで浮気の証拠を掴む方法
アメーバピグも浮気の温床
アメーバピグで浮気の証拠を掴む方法
GREEも浮気に使われやすいSNS
GREEで浮気調査 チェックポイントはここ!
Facebookの友達検索から浮気相手を調査
Facebookで夫・妻の素行を徹底調査する方法
Facebook「友達とのやりとり機能」から浮気の痕跡を見つけ出す
Twitterで交友関係を調査する
【素人でも出来る浮気調査】浮気現場を盗聴する方法
【簡単】盗聴器を使わずに浮気現場の会話を聞く方法
【浮気の証拠】SuicaやPasmoの利用履歴をチェックする方法
【浮気の証拠】ETCの利用履歴がパソコンでまるわかり
【浮気の証拠】クレジットカード明細に怪しい支出ががないか確認
【浮気の証拠】GPS(ココセコム)を使って夫の行動を監視する方法
【浮気の証拠】携帯電話から夫の居場所を突き止める方法
【浮気の証拠】ドコモのいまどこ簡単サーチを浮気調査に活用する方法
【浮気の証拠】auの2台契約でエリア通知をGPS代わりに利用する
【浮気の証拠】夫のスマホの位置をバレずに検索する方法
夫の浮気相手の電話番号から女の住所を調べる方法
夫の浮気相手の電話番号を調べる方法